ガンバレルーヤ ブレーク後の“変化”「イケメン俳優からお誘いが…」

まひる「飲食店に行っても、『よかったら個室にどうぞ』と言われることもあって、なんだかうれしいんです。店のお客さんに『まひるだ!』と騒がれちゃうのかな、って(笑)」

 

昨年12月、オリコンが発表した「’18年ブレイク芸人」で、女芸人としては最も高い順位に輝いた、よしこ(28)とまひる(25)のコンビ・ガンバレルーヤ。バラエティ番組などで「クソが!」と叫ぶよしこの姿を、一度は見たことがある人は多いだろう。

 

’12年、大阪でガンバレルーヤとして活動をはじめた2人。東京の番組への出演は、’17年2月の『内村てらす』(日本テレビ系)が初めて。

 

同じく内村光良(54)が司会を務める『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)出演への憧れを強く持っていた2人は、「何でもするので、『イッテQ!』に出してください!」と番組内で内村に直談判した。

 

そして’18年2月、念願の『イッテQ!』に出演。イッテQに出演するようになってから、他番組に出演するたびに、「月収が50倍になりました」と明かし、ブレークの効果をかみしめていた2人。デビューからどのような生活の変化があったのだろうか。

 

よしこ「やっぱり東京に来て、はじめてお給料が40万円を超えたときは『めっちゃ、うれしい!』と跳び上がってしまいました」

 

まひる「先日、家族にワンちゃんをプレゼントしました。ボストン・テリアという犬種なんですが、50万円ぐらいしましたね。昔から母親がボストン・テリアを欲しがっていたので、『買ってあげるよ』と言ったら、すぐに『この子をうちの子にしたい』と写真が送られてきて(笑)。よっちゃん(よしこ)は、親戚20人にクリスマスプレゼントを買っていましたね」

 

よしこ「でも、総額15万円ぐらいだったかな。東京駅の地下街でプレゼントを選ぼうと思い『何がいい?』とメールしたら、『水筒が欲しい』『お菓子がいい』とかリクエストが来るんで、1人3個ぐらいずつ買っちゃって。あまりに量が多かったので、段ボールに詰めて郵送しました」

 

東京進出を果たして2年。今年3月、よしこは映画『Bの戦場』で主演も務めた。

 

よしこ「私が演じるOLが、速水もこみちさんや、大野拓朗さんという“イケメン俳優”演じる男性たちにモテる、という話なんですが……。現場で大野さんと連絡先を交換したので、何回か『ご飯に行こうよ』と誘われているんですけど、断ってるんです。主演女優に手を出すのは、ダメですからね……」

 

(取材:インタビューマン山下)

関連カテゴリー: