中村倫也『アラジン』で「ニヤニヤしながら歌っていました」

「アラジンに決まったとき、僕のようなプリンス感のない男で本当にいいのか? と信じられませんでした(笑)」

 

そう語るのは、話題の実写映画『アラジン』(6月7日全国公開)のプレミアム吹替版でアラジンの声を担当した中村倫也(32)。本作出演はオーディションで決まったという。

 

「ふだんの役者の仕事とは別ものでした。人の芝居に声を当てるというのは、自分の芝居のリズムと違いますし、外国語に日本語を乗せるのも本当に難しかったです」

 

吹き替えに初挑戦した感想は?

 

「とても刺激になりました。30歳を過ぎると、初体験できることがだんだん減っていく。今回は一つひとつが勉強でしたし、楽しかったです。チャンスがあれば、ぜひ、またやりたいと思います。始まる前はワクワクした気持ちと同じくらいの不安がありました。でも、どんな仕事でも同じで、背負うものが大きくなれば、そのぶんワクワクも大きくなりますね」

 

劇中、名曲『ホール・ニュー・ワールド』を歌唱する場面も。

 

「歌う前からワクワクしましたし、自然とニヤニヤしながら歌っていました(笑)。楽曲に乗りながら、シーンの意味合いをしっかり作れるように意識していました」

 

昨年放送された朝ドラ『半分、青い。』でブレーク後、出演作が急増。中村が表紙を飾った雑誌は、増刷されるという社会現象に。

 

「ブレークしたのかな? 僕自身はなにも変わらないんですよ。でも、1年目の僕だったら『アラジン』に受かってないとは思います。そういう意味では、注目していただけるようになって、すごくありがたいです。変わったところがあるとしたら、人から変わったように思われることに慣れた、ってことかな。どう思われても、それは人が見て判断することだから仕方ないと抗わなくなりました。この先、旬じゃなくなったと言われないためにも、“中村倫也がきてる!”って推し続けてください(笑)」

関連カテゴリー: