山田裕貴が『なつぞら』雪次郎役の影響力を感じるとき

「まさに今、この状態じゃないですか(笑)。話を聞いてくれる人が、こんなにたくさんいるとは」

 

取材場所にやってくるなり、30人近くいた記者を見て「わっ」と驚いた山田裕貴(28)。NHK連続テレビ小説『なつぞら』の影響力を感じるときは? との問いにそう素直な思いを口にする。

 

おおらかな感じは『なつぞら』で演じている菓子店「雪月」の一人息子・雪次郎と似ているかも。聞くと山田本人も雪次郎に親近感を抱いているのだそう。

 

「雪次郎が大切にしている感覚が、僕の思っていることとほぼ一緒で、台本をもらうたびに共感する部分があるんです。脚本家の大森さんが、僕のこれまでのインタビューをめちゃくちゃ読んでくれていて、そのうえで書いているんじゃないのかな? って思うくらい」(山田・以下同)

 

インタビューでよく語られてきたのが山田の父、山田和利氏(54)の話。元プロ野球選手で現在、広島東洋カープでコーチをしている。山田自身も中学時代まで野球をしていた。最近はまったくしていないそうだが。

 

「でもこの前、東京に来て初めて野球を見に行きました。1塁コーチをしている父を見に行こうと思って(笑)。いやぁ、楽しかったですね。でもそろそろ父や野球のことは話さないでおこうかと。僕のパーソナルは別の部分にあるような気がして。もちろん父や野球が僕を語るうえで大切なひとつだとは思うんですけど」

 

『なつぞら』では菓子職人になるため、なつ(広瀬すず)とともに上京した雪次郎。気になる今後の見どころを山田は次のように語る。

 

「来週、雪次郎がお世話になっている川村屋をやめると言いだします。そのあたりが見せ場です。自分が野球を始めて、やめたいと言ったときに似ているかなって」

関連カテゴリー: