賀来賢人が語った「コメディの芝居が好きな理由は…」
(撮影:加瀬健太郎)

「主人公の田中広は、天然パーマのアフロヘアという強烈な見た目ですが、真面目。田中の不器用がゆえに滑稽に見える部分は、顔芸などでわざとふざけるよりも、大真面目に田中をやることが笑いにつながるのかなあと思いました。実は、僕自身も天パですし、恋愛に奥手なところとか、田中には共感しかない(笑)。男って、女性に対してこんなことを思っているんだというのを女性に知ってほしいですね」

 

金髪パーマの高校生役を演じた『今日から俺は!!』でいい感じにブレーク。イケメン俳優のなかでも、はっちゃけた演技でメキメキ頭角を現す賀来賢人(30)が、新作ドラマ『アフロ田中』(WOWOW・7月5日〔金〕深夜0時スタート)ではアフロヘアに挑戦! ドラマについて、芝居についてなど、語ってくれました。

 

■コメディの芝居が好きな理由は……

 

「コメディの芝居が好きなのは難しいからだと思います。きっかけは、22歳のころに出た福田雄一さんの舞台。自分の芝居はお客さんにまったくウケないのに、共演の先輩たちはドッカンドッカン笑いを取っていた。それがものすごく悔しくて、そこからです。少しずつスキルを身につけて、だんだんウケるようになって、お客さんの笑い声が快感に」(賀来・以下同)

 

■7月に30歳になりました

 

「ようやく大人と同じステージに立てるという気持ちです。20代は、若いってだけで見下されるのが嫌で、早く大人になりたかった。今後、まだやったことのないことにチャレンジしていきたいと思います。ワイルドな役もやってみたいし、等身大のラブストーリーももっとできたらいいですね。この部分、ぜひ太字で書いてください!(笑)」

 

■いつか先輩たちよりウケてやる!

 

「池田成志さん、古田新太さんなどの先輩方にはたくさんダメ出しされました。でも、教えていただいたとおりにやるとお客さんにウケるので、すごいなあと思いつつ、同時に、『いつか、この人たちよりウケてやる!』って心の中で誓いました(笑)。すごく手ごわいですが、かなわない相手と同じ土俵に立って闘うほうがワクワクしますしね」

関連カテゴリー: