小芝風花 意外なラッパー役に「難しいけれど楽しい!」

「編み込みヘアで、ダボッとした服を着て、というヒップホップ系のファッションはこれが初挑戦。ラップもめちゃくちゃ難しかったけれど、やってみたらすごく楽しかったです。苦手意識も吹っ飛ぶくらいノリノリでいけました!(笑)」

 

今年、ドラマ『トクサツガガガ』(NHK総合)で特撮オタクの主人公を演じて話題になった小芝風花(22)が次に挑むのは、スペシャルドラマ『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』(テレビ朝日系・7月12、13日、23時15分~2夜連続放送 ※一部地域除く)の主演。

 

撮影現場にお邪魔すると、大勢のゾンビに囲まれながら果敢にラップで韻を踏む彼女を発見。いったいどんなドラマなの?

 

「謎のウイルスが人類を襲い、世界中がラッパーだらけになってしまうというコメディホラーです。命や愛の本質といったものも描かれていくので、“見る前はこんなつもりじゃなかったけど、意外にいい話”と思ってもらえたらうれしいですね」

関連カテゴリー: