ルパパト俳優の元木聖也 夢はアクション俳優で刀剣乱舞も意欲

「オファーが来たときはすぐに『やりたい!』となりました。海外の作品を日本で上演するということで絶対面白いだろうなって。原さんのようにジャニーズの方と共演するのは今回が初めて。お互いの魅力を引き出せたらいいなとワクワクしています」

 

そう語るのは、現在人気急上昇中の俳優・元木聖也(25)だ。元木は2月まで放送されていた「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日系)に出演し、一躍その名が広まった。またその爽やかさから「おとうさんといっしょ」(NHK-BSプレミアム)で体操のお兄さん・せいやくんを5年間務めていたこともあり、大人から子供まで幅広く魅了している。

 

そんな元木は8月に上演される舞台「THE BANK ROBBERY!~ダイヤモンド強奪大作戦~」への出演が決定。原作は現在イギリスで上演されているコメディで、16年春に開幕し今年8月には上演4年目に突入するという超大ヒット作だ。そんな話題作で元木は宇宙Six/ジャニーズJr.・原嘉孝(23)や乃木坂46・桜井玲香(25)、さらに昨年大ブームとなった映画「カメラを止めるな!」で話題を呼んだしゅはまはるみ(44)といった期待の俳優たちと共演する。

 

「ちゃんとしたコメディというのは今回が初めてですが、楽しいことが大好きなのでワクワクします。登場キャラクターは全員犯罪者。そのなかでも僕の演じるミッチ・ラスチッティは極悪人です。『ルパパト』で演じた高尾ノエルと同じくミッチもお宝を狙う役ですが、ノエルはキザだけど優しいやつ。いっぽうミッチは人を騙したり陥れたりします。その演技の振れ幅を楽しみにしてて欲しいです」

 

俳優としての活躍が期待される元木だが、実は甘いマスクの下に筋肉美を隠している。さらにその身体能力を活かして、4月30日には「ずっとしたかった!」という子供向けアクロバット教室を開催した。告知をすると、平成最後の日にも関わらず1,000組2,000人の親子から応募が殺到。当日、元木は抽選で選ばれた60名の子供たちにバク宙を教えた。

 

「バク宙を終えた後の子供たちの顔が最高でした。すごい楽しそうでキラキラしてましたね。この前、参加してくれたお子さんからお手紙もらったんです。『フェンシングの大会で日本一を取ったよ!』って。親御さんからは『聖也くんのイベントでオリンピアンが出てくるかもよ』ってメッセージも添えられていて、すごく感動しました」

 

教室では楽曲「ラッキーでいこう!」に合わせて子供たちと体操する一幕も。実は、その振り付けを考案したのは元木自身だという。

 

「サビで『ジャンジャンジャンプ!』ってジャンプするんですけど、そこはあえてフリを作ってないんです。その方が子供も楽しめるんじゃないかなって思って。この振り付けは前半が難しく、後半は簡単に作っています。そうすることで楽しく終われるし『楽しいから始めも覚えよう!』ってなってくれるかなと。実は夏にもアクロバット教室の第2弾を予定しているんです。もっと規模を広げたいし、ワクワクすることも考えているので楽しみにしていてほしいです」

 

俳優にアクロバット教室の先生に振付師。多岐にわたる活動が魅力の元木だが、今後の展望は?

 

「がっつりアクションの映画がやりたいですね! 最近の日本映画には増えてきているので、いつかご縁があるかなって。これまで僕は『テニスの王子様』や『NARUTO』『キャプテン翼』といった2.5次元舞台にも出演しているのですが、『刀剣乱舞』にはアクションもあるしいつか出てみたいですね。あとはアクロバット教室をもっとしたいです! 体を動かすことってこんなに楽しいんだって、子供にも大人にも知ってほしいです」

関連カテゴリー: