「5年続かないと思った…」上白石萌音、夢はアクション女優!?

「生まれて初めて髪の毛をブリーチしました。撮影中は毎朝鏡を見るたび、髪の毛がピンクでびっくり(笑)。でもそれは、光役にスイッチが入る瞬間でもありました。振り返ると撮影中は心を解放して光のように、おなかすいた、眠い、しんどい、と、言いたいことを言っていたような気がします」

 

そう話すのは、映画『スタートアップ・ガールズ』(9月6日公開)で自由奔放な大学生企業家・光役を務めた上白石萌音(21)。ピンクの髪の毛に、派手な服装。いつもとちょっと違う彼女。本作は、大学生企業家と、大企業OLがビジネスパートナーとしてぶつかりあいながらも成長する姿を描くストーリーだ。

 

上白石といえば’11年にデビュー以降、女優のほかに、声優、歌手としても活躍している。意外にもデビュー当時は「5年は続かないだろうなと思っていました」という。しかし圧倒的な歌唱力で注目を浴びた映画初主演作『舞妓はレディ』との出会いが、ひとつの転機となったようだ。

 

「周防正行監督に見つけていただいたからこそ、今がある気がしています。歌も踊りも方言もお着物も大好きで、自分の好きが詰まった作品でした」(上白石・以下同)

 

『君の名。』ではヒロインの声で話題を呼び、今春は『L・DK(LとDの間はハートマーク) ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』でラブコメにも挑戦。

 

「声優のお仕事もラブコメも、自分には絶対に無理だと思っていたんです。でも、無理だと思ったことも支えられながらなんとか乗り越えて、やってよかったという実感が残りました。今回の光役もそうで、その役に出合わなかったら知りえなかったことが知られるし、人生も豊かになる気がして、すごく楽しんでお仕事しています」

 

終始笑顔でおっとりと話すが芯の強さも垣間見える。そんな彼女に挑戦してみたい役を聞いてみた。

 

「『アリータ』という洋画で吹き替えをさせてもらったんですけど、本当に強くてどんな敵も倒しちゃう役で、すごく楽しかったんです。だから武道とかを訓練して、いつか自分で演じてみたいです」

 

ちょっと意外。だからこそ、そんな彼女を見てみたい!

関連カテゴリー: