西城秀樹 35年間付き添ったマネージャー振り返る圧倒的才能
真っ白なスーツで決めつつも、17歳らしいおちゃめなポーズを(写真:明星・セブンティーン)

「ひとたびスイッチが入ると、“西城秀樹”になりますが、オフのときはとても優しくて、人間味のある人でした」

 

昨年亡くなった西城秀樹さん(享年63)に、35年間マネージャーとして付き添った片方秀幸さんは、その人柄を振り返りこう語った。逝去から1年4カ月。西城さんの若かりしころの写真を集めた写真集『HIDEKI FOREVER blue』(集英社インターナショナル)が9月26日に発売された。

 

「写真を眺めていると、男の悲しみとか内に秘めた感情を、目だけで表現できる人だったんだなと改めて思います。西城さんはどんな現場でも、カメラマンさんが求めていることを瞬時に理解して表現できるんです。当時、フィルムを使い切らずにOKがかかるのは西城くらいだったという話もよく聞きました」(片方さん・以下同)

 

まさに生まれついてのスターだった西城さん。その片鱗は亡くなった今でも垣間見えるのだという。

 

「一周忌のフィルムコンサートのとき、昔からのファンのみなさんが、学生時代に戻ったかのように楽しんでくれているのが印象的でした。そして実は、10代や20代のファンの方々も増えているんですよ。多くの人たちに西城の魅力を再発見してもらえたら、こんなにうれしいことはありません」

 

写真集には、超レアな未公開カットも多数収録。10月1~14日には、池袋西武にてパネル展も開催される。

関連カテゴリー: