少年隊からキンプリまで、編曲家語る「ジャニーさんの思い出」

「ジャニー喜多川さんが好きなサウンドは“派手”。でも、ただ派手なだけじゃダメで、そこにこれまで聴いたことのない、『えっ?』という“驚き”が必要なんです。それこそ、車が宙を舞うような、ラスベガスの手品師みたいなことを、求められてきたわけですよ。たとえば、King&Princeの『シンデレラガール』もね……」   数台のモニターに囲まれるように置かれたキーボードを...

関連カテゴリー: