佐藤寛太「映画で共演…武田鉄矢さんのような俳優になりたい」

「キリンはめちゃくちゃデカいんですけど、人懐こくてかわいかったんで、どんな餌を食べてるのか知りたくなっちゃいました。草食動物のフンは全然臭くなかったので、フンの掃除も抵抗なかったですね」

 

そう語るのは、動物の健康と幸せを第一に考え、“延命動物園”と呼ばれる大牟田市動物園を舞台に、命の大切さ、人との出会いを描く映画『いのちスケッチ』(11月8日、福岡県先行公開。11月15日、全国公開)で、主演を務める劇団EXILE所属の佐藤寛太(23)。

 

漫画家になる夢を諦め、地元・福岡に帰り、福祉に特化した動物園で人生をリスタートさせる亮太を演じる佐藤は、実際に動物園で檻の中まで掃除をしたり、動物と親密に触れ合ったりした。

 

「僕自身、動物も好きだし、漫画も好きで、福岡から役者になるために上京しました。亮太と同じ境遇なので、共感することが多くて演じやすかったです」(佐藤・以下同)

 

どんな質問にも楽しそうに答える佐藤。人見知りせず、物おじしない、という性格から友達もたくさんできるという。事務所の仲間はもちろん、ドラマや映画で共演すると必ず1人は仲よしになる。

 

「特に(以前共演した)志尊淳くんとは、週に4〜5日会うときもあるほど仲よくなりました。淳くんは、後輩思いで優しくて男らしい。頼りになる方です。悩み相談もします。仕事のことやお金のこととか(笑)」

 

動物園の園長役を演じた武田鉄矢とのシーンでは、ベテランの役者魂に胸が熱くなったという。

 

「間近で見るお芝居のすごさ、自然なアドリブなど、まさに鉄矢さんワールドでした。絶妙なタイミングで投げてくださるパスがうれしくて感動しました。『俺がやるからついてこい』という背中の見せ方にシビレましたね。いつか自分もそんな俳優になりたいです」

関連カテゴリー: