神尾楓珠が語るサッカー少年が主演を張るようになるまで
(撮影:荒木勇人)

「よく年上の女性のほうが合ってるって言われるんですよ。疲れてるときとかは、珍しく誰かに甘えたくなるので、自分でもそうかもしれないなって思います(笑)」

 

『アンナチュラル』や『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』などに出演するたび「あの美青年は誰!?」と話題を呼んだ神尾楓珠(20)。記者の熱烈なラブコールに応え、ついに本誌初登場!

 

実は高校までサッカー一筋で、芸能界にはまったく興味がなかったという神尾。俳優を志したきっかけは何だったのだろうか。

 

「サッカーに限界が見えてしまったので……。高校では全国大会に出たかったんですけど、強豪校だし、選手層も厚いしで『あ、無理だな』って。それで部活をやめたら、急にぽっかり穴が開いたみたいな感覚になっちゃったんです。それを何かで埋めなきゃって思ってたときに、中学生のころ何度かスカウトされたことがあったなと、ふと思い出して。せっかくなら、周りの人がやってないことをやりたいと思って、オーディションを受けることにしました」

 

無事、オーディションに合格し事務所に所属したものの「はじめは趣味の延長みたいな感覚だった」と話す。しかし、そんな甘い気持ちがガラリと変わる出会いがあった。

 

「『アンナチュラル』で共演した望月歩が、ものすごく楽しそうに芝居をしていて。僕よりも年下なのに、ちゃんと仕事と向き合ってるんですよ。その姿を見て意識が変わりましたね。今は僕も、俳優としてずっとやっていけたらと思ってます」

 

そんな神尾の地上波初の主演作『左ききのエレン』(MBS・日曜深夜0時50分〜、TBS・火曜深夜1時28分〜ほか)が絶賛放送中だ。凡才であることに苦しむ広告代理店勤務の朝倉光一(神尾)。彼の心の支えであり、コンプレックスでもあるのが、高校時代に出会い、現在はNYで活躍する天才画家・山岸エレン(池田エライザ)だったーー。

 

「正直、胸を張って『主演です』とは言えないです。でも、下手くそなりに頑張ってるからこそ、何か届くものがあるといいなって思います」

関連カテゴリー: