のん「女優として生きる」久々の実写映画で変わらぬ思い
(撮影:竹中圭樹/アーティストフォトスタジオ)

「劇中のステージ衣装は、’60年代を意識したレトロモダンなスタイルでとても素敵でした。衣装がかわいいとやっぱり楽しいです(笑)」

 

3月6日公開の映画『星屑の町』で歌手を夢見るヒロインを演じた、のん(26)。この日も、フィフティーズっぽいワンピースに身を包み、スクリーンから飛び出してきたよう……。

 

今作では、『新宿の女』『恋の季節』などの昭和ムード歌謡を自ら歌い、透明感あふれる美声を披露した。50年ほど前の流行歌を歌いこなすために猛練習したという。

 

「ビブラートの出し方などの歌唱法を新たに身につけなければならず、かなり苦労しました。お気に入りは映画のオリジナル曲で、私の声とキーに合わせて作られた『シャボン玉』。歌っていてとてもなじみがいいです」

 

物語は、のん扮する田舎娘がやがて大輪の花を咲かせるシンデレラストーリー。のん自身は、どのようにして女優になる夢をかなえたのだろうか。

 

「やりたいと思ったら、失敗しても諦めずに何度でもトライすること。それが夢を実現するためにいちばん大切なことだと思います。私自身、器用なほうではないので悔しい思いばかりしてきましたが、そのたびに“次はこうしよう”という欲が湧いてくる。そして、一度湧き上がってきた思いは止めることができず、際限なく追い求めて今に至るという感じです」

 

さらに、「根拠のない自信を持つことが大事」とも。

 

「自分の才能は自分が信じてあげないと! 私は子どものころから自信過剰なところがあって、自分がいちばんだと信じてやってきました。あとは、背中を押してくれる人の言葉で調子に乗ることかなあ(笑)」

 

今回、6年ぶりの実写劇場映画で抜群の存在感を見せた彼女。これからの目標は?

 

「演技は自分がいちばん得意なものだと思っていますし、女優として生きていくぞ! という思いは変わりません。今年はもっと演技をする場が増えたらいいなあと思っています」

 

「女性自身」2020年3月17日号 掲載

関連カテゴリー:
関連タグ: