亀梨和也&山下智久 15年前の写真を見て「若い!めっちゃ子供(笑)」

’05年、亀梨和也(34)と山下智久(35)が初共演して話題となったドラマ『野ブタをプロデュース』。2人が歌った主題歌『青春アミーゴ』はミリオンヒットを記録し、一世を風靡した。あれから15年。当時は役名で「修二と彰」だったユニット名を「亀と山P」にあらため、あの伝説のユニットが帰ってくる。そこで今回、2人に対談形式で語り合ってもらった。

 

実は15年前、ドラマの撮影現場に何度も密着取材をしていた本誌。当時の誌面を2人に見せると……。

 

山下「若い! めっちゃ子ども(笑)」

 

亀梨「(見出しを読み)『2人でいるとヤバイ! 気持ちイイ!』って、これ本当に言ってた?」

 

山下「あのころのことですごい覚えてるのが、亀がよくコンビニの野菜スティックを食べてたことなんだよね。『ちゃんと栄養とらなきゃ!』とか言って」

 

亀梨「そうだっけ(笑)。それにしても、われながらこのベルトのチョイスはなかなか……。制服にこれを合わせるのはすごい」

 

山下「たしかに(笑)」

 

亀梨「あのころ、俺はまだマネージャーさんがついてなくて。移動するとき、山Pの車に乗せてもらってたじゃん。車内が山Pの趣味一色で、ちょっと憧れてた(笑)」

 

山下「(記事を読み)2人でサーフィンしたいって書いてあるよ」

 

亀梨「最近、やってる?」

 

山下「ぜんぜん(笑)」

 

亀梨「今はサーフィンより、ゆっくり旅とか行きたい。その様子は山Pのインスタで配信しよう(笑)」

 

そんな2人が今回リリースするアルバム『SI』(近日発売予定※発売日は決まり次第発表)は、リード曲『Amor』をはじめ全8曲を収録。通常盤にはボーナストラックとして『青春アミーゴ(2020ver.)』も収録される。

 

亀梨「レコーディングで当時の自分の声を聞いてびっくりしちゃった。なんかカッコつけてるけど、よくこれでCD出せたなって(笑)」

 

山下「若さゆえの勢いってあるよね(笑)。15年前とは、歌詞の響き方とか重みも変わったかな。この年齢になってみて初めてわかる部分が増えたというか」

 

亀梨「当時もちゃんと解釈して歌おうとは思ってたけど、どうしたらカッコよく見えるかってことが最優先だったから(笑)。今のほうが、登場人物により感情移入して歌えたかも」

 

山下「『2人で1つだった』時期があって、大人になってまた集結して。亀との関係も、この15年間で築いてきたところがあるから、染みる部分が多かったな」

 

「女性自身」2020年5月5日号 掲載

関連カテゴリー: