ディーン・フジオカ「コロナ禍のミラノで学んだこと」
(撮影:Kazuma Hata)

「この数カ月は、仕事でもプライベートでもトライ&エラーの繰り返しでしたが、自分を見つめなおすためにはとてもいい時間だったと思います」

 

そう語るのは、約8カ月ぶりに本誌に登場したディーン・フジオカ(39)。世界中を襲った新型コロナウイルスによって一変した生活を振り返った。

 

「仕事でミラノを訪問した日は、まさかの偶然で、ちょうどイタリアで感染者が確認された日でした。さっきまで開いていた美術館がいきなり無期限の休館になってしまったり、予定されていた仕事がキャンセルになったり、パンデミックというものは、こんなにも急激に人々の生活を非日常に変えてしまうんだと痛感しました」

 

急変した世界に戸惑いつつも、その後、このイタリア滞在中の経験が日本での生活で生かされたと語る。

 

「置かれている状況の中で最大限できることをみんなで考え、行動に移していくということ。それって、コロナ禍の中でみなさんが今やられていることだと思いますが、自分はイタリアで最初に経験しました。苦しいときも努力をすれば、ポジティブな形で成果は得られる、と。今、日本で楽曲制作やラジオ番組の収録をリモートワークで進める中で不便さを感じつつ、いい気付きもあります。直接対話はできなくても、人との出会いや縁は築けるものだという手応えもあります。そういう意味では、とても充実した日々を送っています」

 

今回、誌面を飾ったのは、オフィシャルファンクラブ「FamBam」で年1回配布されるフォトブックに収録されたオススメの3枚(配布は「FamBam Suite」コースのみ)。2月に軽井沢1泊ロケで撮られたのは、“本気で遊ぶ”ディーンの素の姿だ。

 

「この4~5年ずっとスキーがやりたくて、その思いがようやくかないました。仕事をしたら罰金を払うというルールを掲げて、スタッフと一緒にスキーをして、おいしいものを食べて、本気で遊んでいるところを撮ってもらいました。カーリングは正直もっとうまくできると思っていたんですけど、難しかったな(笑)」

 

また、8月に40歳になるディーンの“大人の男”としての魅力もふんだんに収録されている。

 

「年齢って、ただの数字と言ってしまえばそうですが、でも、その数字にどんな意味を作れるかは自分次第だと思います。とにかく、新しいことにチャレンジしつづけなきゃいけないし、今後はよりいっそう自分主導でものを作り出していきたいですね。つねに人にインスパイアを与えられる立場でいつづけることで、40歳という数字に意味が出てくると思います」

 

最後に10月から始まる全国ライブツアーの内容については?

 

「具体的には決まっていませんが、何かしらの形でみなさんにサプライズや元気をお届けできたらいいなと思っています。期待しながら、もう少しお待ちいただけるとうれしいです」

 

「女性自身」2020年6月16日号 掲載

関連カテゴリー: