はあちゅう&しみけん「家族会議」作ってみた「あいうえお家訓」

2018年7月に事実婚を発表し、2019年9月に長男が誕生した、はあちゅうとしみけん。活躍する業界もファン層も違う異色夫婦が、「これ、どうする?」「あれ、どう思ってる?」と赤裸々に語り合う本誌連載「家族会議 議事録」の第40回。現代生活に欠かせない、スマホとのつき合い方について。

 

 

しみけん「『男が女に冷める瞬間』って話題になってたよね」

 

はあちゅう「何?」

 

しみけん「お店にご飯を食べに行って、男がトイレに立って戻ってきたら、女が携帯をいじってたとき」

 

はあちゅう「そうなの?」

 

しみけん「あと、デートが終わって男女が別方向に別れるとき、男のほうは去る女性をちょっと見守るんだけど、別れた途端に女性が携帯を取り出していたら悲しいかな。『目の前の自分より携帯』ってなってるのを見ると、さみしい気持ちになる」

 

はあちゅう「けんちゃんは、携帯見ないの?」

 

しみけん「無目的にSNSは見ないよ。さわってるときは、なんらかの理由がある。出演承諾書のチェック、返信、スケジュール確認とか。だらだら携帯を見たりはしない」

 

はあちゅう「たしかに、私がトイレから戻ってきたとき、携帯さわってたりしないね」

 

しみけん「めちゃくちゃ意識してるからね。外食しているお店の中でも、なるべくさわらないよ。携帯の画面はいつでも見られるけど、お店はふだん行けない場所だから。病院や駅のホームでもそう。そこでしか見られない風景を見て、そこでしか取れない情報を取る」

 

はあちゅう「とか言ってるけど、クイズアプリにハマってたときは、家にいようがレストランにいようが、常にイヤホンつけてクイズアプリやってたじゃん(笑)」

 

しみけん「あれは、ドハマリしちゃってた(笑)。今はやってないし、惰性じゃなくて本気。それによって仕事もらえたから、よしとして!」

 

はあちゅう「いずれ息子にも、家族ルールとして『“いただきます”から“ごちそうさま”までは、スマホをさわらない』を徹底させたいね」

 

しみけん「うん。食事中のスマホは絶対許さない。スマホは、本当に必要な時間だけ決めてさわらせる。その代わり、スマホ以上に楽しいことを、息子に提案したいな。ドライブ、散歩、体操教室、ダンスのイベントを見に行くのもいい。体を動かすことね」

 

はあちゅう「携帯のマナーやルールは、昔と今とで違ってきてるみたいだね。いまはファミレスで若い子たちが数人集まると、スマホのスピーカーから音を出して動画を見てたりする」

 

しみけん「イヤホンしないで!?」

 

はあちゅう「うん、普通だよ」

 

しみけん「そんなことある!?」

 

はあちゅう「電車でやってる子もいるよ。若い子たちのニューマナーなのかな?」

 

しみけん「電車内? はあちゅうは気にならないの?」

 

はあちゅう「イラッとするかどうかは、誰がやってるかによるかな。学生だったら、身内ノリで興奮しちゃってまわりが見えてないだろうから許せるけど。それなりの大人に対しては、『もっとちゃんとしたらいいのに……』とは思う。ボリュームと隣席との距離の問題でもあるけど」

 

しみけん「うーん……」

 

はあちゅう「ひとつ言うと、お店で、お母さんが子供に大人しくしてもらうためにスマホを見せてるのは、許すよ。小さい子供を静かにさせるのが、どれくらい大変か、私は知ってるから」

 

しみけん「それはわかるけど、イヤホンつけさせたりしないの?」

 

はあちゅう「あればいいけど、うっかり忘れちゃうこともあるよ。うっかりおむつや哺乳瓶を忘れちゃうこともあるくらいだから。小さい子供を連れてるお母さんって、『必需品』が多いの。『携帯の充電器忘れた!』なんていうのも、よくある。それでなくても育児って突発的にいろんなことが起こるから、子育て中の人のことは『大変だよね。わかる』って思いながら見てる」

 

しみけん「家族ルールといえば、こないだ『あいうえお家訓』を決めたよね」

 

はあちゅう「2人でNetflixの『梨泰院(イテウォン)クラス』っていう韓国ドラマを観ていたら、主人公が家訓を大事にしてるシーンがあって。『うちも家訓があるといいね』ってなって、けんちゃんが作った」

 

しみけん「『あ』挨拶は先手必勝。『い』違和感は無視しない。『う』嘘はつかない、自慢はしない。『え』笑顔。『お』お酒・タバコ・ギャンブルはやらない。補足すると、違和感というのは、わからないことを放置せずに『わかりません』って言うこと。質問する人ほど頭のいい人って教えたい」

 

はあちゅう「私、個人的に、家訓は『ご機嫌でいる』だけでいいよ」

 

しみけん「《『え』笑顔》は、ご機嫌の意味じゃない?」

 

はあちゅう「そうなんだけど、『ご機嫌』にたどり着いたのは、けんちゃんが理由なんだよ……」

 

しみけん「え?」

 

はあちゅう「けんちゃんが遊びに行った日に、私が一日中息子を見てたことがあったでしょ。そして、夜遅く帰ってきたけんちゃんは、そのままNetflixのドラマを朝の4時とか5時まで観て、眠れなくなってた。私が早朝に起きてきたら、寝不足のせいで超不機嫌だったじゃない。私は自分の仕事もしないで息子の面倒を見て、それでも機嫌を保ってるのに、ずっと自分の好きなことして不機嫌ってあり得ないでしょ!」

 

しみけん「あのときは本当にすみませんでした……」

 

はあちゅう「だから、何をしてもいいけど、とりあえず家にいるときは上機嫌でいて。それを家訓にしようって言ったのが、『あいうえお家訓』が生まれるきっかけだったと思うな」

 

しみけん「笑顔、大切にしなくちゃいけないな」

 

【はあちゅう】
1986年、神奈川県生まれ 慶應大学在学中より、ブロガー活動を開始。2014年フリーに。近著に『わくわくする未来をつくるためのお守り言葉』『子供がずっと欲しかった』がある

 

【しみけん】
1979年、千葉県生まれ 1998年にデビューし、出演本数は約1万本の現役AV男優。最新刊に『AV男優しみけん仕事論0.01 極薄!』(扶桑社)がある

 

取材&構成・稲田豊史
(週刊FLASH 2020年6月23・30日号)

関連カテゴリー: