宇賀なつみが居酒屋の女将に「夢がかなってしまった感じですね」

「いつか小料理屋とか、割烹居酒屋の女将をやりたかったので、夢がかなってしまった感じですね」

 

そう話すのは、ゲストたちが飲むほどに本音トークを繰り広げる、という面白さが話題のバラエティ番組『川柳居酒屋なつみ』(テレビ朝日系・毎週火曜深夜1時56分~。※一部地域を除く)の女将を務める宇賀なつみ(34)。昨年3月、テレビ朝日を退社してフリーに転身後、すぐに4月から番組がスタートした。

 

「果たしてお仕事がもらえるのか? というドキドキもあったので、お話をいただいたときはうれしかったですね。お酒も好きなので(笑)」

 

番組では、常連役の尾上松也(35)とゲストと一緒に本当にお酒を飲みながら進行をしているが、宇賀は一晩でワインを2本あけても、キャラが変わったり、記憶を失くしたりもしない大人の飲み方ができるという。

 

「食べ物もそうですが、お酒も、つくり手の方が汗水たらして一滴一滴つくってくれたもの。愛情を持って、感謝しながらしっかりと味わいたいんです。人が飲んで楽しくしているのを見るのも大好きなので、自宅にも定期的に人を呼んで日本酒会などをやっています」

 

「女性自身」2020年8月18日・25日合併号 掲載

関連カテゴリー: