King&Prince岸優太「僕にはまだ“エロさ”が足りない!」

ソロの活躍も目立つ人気最高潮のKing&Prince。9月2日には2ndアルバム『L&』が発売。そんなKing&Princeのメンバーに最新アルバムや近況について、話を聞きました!

 

■岸 優太(24)

 

ーー今年はどんな秋にしたい?

 

「脱皮したいですね。トンボになって飛び始めたいなと。今はまだヤゴなんですよ。この秋、25歳になるので、ターニングポイントにできたらいいなと思っています。誕生日は、友達やメンバーに祝ってもらえたら幸せですね」

 

ーー2ndアルバムに収録されるプロデュース曲の魅力を教えて!

 

「ガシガシ踊るダンスナンバーで、ファンの方から『キャー!』と歓声が上がるくらい、カッコよく仕上げたつもりです。クールで大人っぽく決めているので、楽しみにしていてください!」

 

ーーもし、ほかのメンバーのソロ曲をプロデュースするなら?

 

「平野→メローなダンスナンバー。色気を出すのがいちばん上手だから、艶のある感じが見てみたい。永瀬→華やかなアイドル系ソング。クールなイメージが強いけれど、意外と似合うと思う。高橋→ダンスが上手なのはもちろんなのですが、彼は歌もすごいので。歌声もしっかり聴かせつつ、ガンガン踊るっていうぜいたくな見せ方をしたい。神宮寺→ギター1本で、しっとり弾き語りをしてほしい。嫉妬してしまうくらいカッコいいんですよ。岩橋→ふだんは見せない、クールで大人っぽい一面を見たい」

 

ーー2ndアルバムのなかでとくにお気に入りの楽曲は?

 

「全編英語の『Bounce』ですね。海外進出が僕たちの目標なのですが、アメリカ修行で厳しい現実も思い知って。ここからもっとチャレンジしていかなくてはいけない。その最初の一歩の曲だと思います」

 

ーー近況報告やファンのみなさんへのメッセージを!

 

「僕にはまだ“エロさ”が足りないと思っていて。脱いで体を見せるだけではなくて、渋さとか大人の色気を身につけていきたいです」

 

「女性自身」2020年9月15日 掲載

関連カテゴリー: