柴咲コウ「10歳のころは集団行動に馴染めない女の子だった」
(撮影:秋倉康介)

「主人公が何年かの眠りから目覚めるーー。プロットの段階で決まっていたことはこれだけでしたが、最終的にタイトルを聞いてしっくりきました。35歳なのに少女という対比は魅力的ですし、想像力をかきたてられます」

 

そう話すのは、新ドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系・10月10日土曜よる10時スタート)で25年の眠りから目覚めるヒロインを演じる柴咲コウ(39)。心は10歳なのに体は35歳という難役だが、あえて年齢に縛られない役づくりを心がけた。

 

「世間では、35歳だから、という思い込みに時にとらわれすぎていると感じていて。自分という人間は年齢に関係なくずっと自分で、根幹は変わらないんだろうと思います」

 

子どものころは保育士さんになるのが夢だったというが、どんな少女だったのか。

 

「私が演じる望美は明るくて天真らんまんで、太陽のような温かみのある子ですが、私はどちらかと言うと月タイプ。自ら発光するというより、何かの光を受けて“へへへっ”ってやるのが好きでした(笑)」

 

10歳のころで思い出すことは……。

 

「このくらいの年齢って、集団生活が色濃くなる時期なんですよ。とくに女子は。ところが、一人っ子の私は一人でいることに慣れているものだから、『なんで、トイレに一緒に行くの?』って疑問に思うタイプ。なかなか集団行動になじめない女の子でしたね(笑)」

 

いっぽう35歳といえば、柴咲が自身の会社を設立した年。現在は、女優業と並行し、“健やかに美しく生きる”をテーマに衣食住の製品開発などを手掛けている。

 

「丁寧な暮らしを心がけると、日々の生活が楽しいんですよ。食事を作る、庭の草木の手入れをする、と毎日同じことをしていても日によって違う表情が見えてきて。20代ではそれが少し面倒な時間に思えていたのに、今は愛おしい時間だと思えるようになりました」

 

「女性自身」2020年10月20日号 掲載

関連カテゴリー: