小柳ルミ子 引退発言“撤回”決めたサザン桑田佳祐のコラム
画像を見る

華々しいステージで大勢のファンに囲まれながら迎えるはずだった記念イヤーを、消し流したコロナの“荒波”。無念の決意に至るまでと、そこからの再起を語るーー。

 

「デビューして50年、68歳の今がいちばん高い音が出せるんです。歌うことが本当に楽しくって」

 

可憐な黒のフレアスカートに鮮やかな緑のパンプス姿で、颯爽と現れた小柳ルミ子さん(68)。’70年に宝塚音楽学校を首席卒業し、NHK連続テレビ小説『虹』で女優デビュー。翌年『わたしの城下町』で歌手としても国民的人気を得て、今年、50周年を迎えた。

 

9月には、半世紀の生きざまや美についてつづった著書『もう68歳と思うのか、まだ68歳と考えるのか』(徳間書店)を出版。だが、今年のコロナ禍で、実は「芸能界引退」も決意していたという。

 

「芸能人生で初めて、4カ月間、仕事がまったくなくなり、ずっと自粛生活をしていました。私たちは仕事をいただけることで表現の場が持てます。いわば“他力まかせ”。仕事への情熱はあるけれど、自分ではどうにもできないもどかしさを感じていました」

 

志村けんさん(享年70)のコロナ感染死にも衝撃を受けた。一緒に夫婦コントも演じた志村さんは、小柳さんが18歳のときに出会って以来、尊敬できる友達だった。

 

ショックを引きずったまま迎えた4月25日。デビュー50周年のこの日に予定されていた記念イベントも中止になったことが、小柳さんの傷心に追い打ちをかける。

 

「歌、踊り、芝居と、幼少から培ってきた芸事が、すべてゼロになってしまったようで……。コロナ禍の芸能界でも、必要とされている人は仕事をしている。だから、つらかった。『私には存在価値はない』と感じて」

 

そう語る小柳さんの目からは、こらえきれず大粒の涙が。

 

7月半ば、4カ月ぶりに入ったラジオの仕事で、小柳さんは「引退」の言葉を口にする。

 

「ブログやインスタグラムもやっていますが、ラジオで、自分の声で引退を考えていると話しました。ファンの方に向けて、ズルズルと自分の心に嘘をつきたくなかった」

 

ところが、その告白から2日後、決意が大転換する“奇跡”が。小柳さんのブログにファンから、「サザンオールスターズの桑田佳祐さん(64)が『週刊文春』の連載コラムで、小柳さんのことを《最強の歌姫》といっている」というコメントが寄せられたのだ。

 

「すぐに、コンビニに雑誌を買いに走りました。記事を読んで、その内容に涙と震えが止まらなくなって。家のソファで雑誌を握りしめて号泣しました」

 

桑田は《歌がうまい》《エロい》《踊りが上手い》《芝居が上手い》《脱げる》と絶賛。そのうえで《彼女を「最強」たらしめる、同じ条件を備えたエンターテイナーは、世界を見渡しても、あのマドンナか、レディー・ガガしかいない》と評していた。この思いがけない“贈りもの”を、小柳さんは何度も読み返したという。

 

「日本の宝である唯一無二のアーティストが、“小柳ルミ子”をこれほど分析してくださって……。50年間やってきたこと、私自身のキャラクターや存在をこんなに誇らしく思ったことはありません」

 

「今も思い出すと涙があふれる」と、その言葉どおり、温かい涙を流しながら語る小柳さん。

 

「コロナ禍で失っていた自信を取り戻す光でした。もし、この記事が出るのが1週間遅れていたら、私は今、ここにはいません」

 

そして引退発言を撤回。

 

「桑田さんは本当に“小柳ルミ子”の命の恩人です」

 

その後、芸能生活50周年を祝う花とカードも送られてきた。

 

「富士山とともに満開の花が咲いていて。桑田さんが選んでくれたこのカードにも、私は勝手に(応援の)意味があると思っているんです。“お守り”として、いつも持ち歩いています」

 

そう、少女のような笑顔を見せた小柳さん。おかげで自分自身を「再発見できた」とも。

 

「私は3歳から、歌、バレエ、ジャズダンス、タップダンス、ピアノ、三味線、書道……と、さまざまな芸事と向き合い、身につけ、鍛えてきました。そのうえで少なくない数のヒット曲を生み出し、踊りも芝居も評価していただけた。そんな自分を桑田さんは見てくれていた。それならば私だって、自分自身を褒めてあげていいんだって思うことができたんです」

 

小柳さんはすぐにボイストレーニングを再開した。

 

「ずっと歌っていなかったので、最初はぜんぜん声が出ませんでした。でも、信頼するボイストレーナーの向井(浩二)君のおかげで、レッスンするうちに、どんどん声も自信も取り戻せたんです」

 

つらい時期を過ごし、引退まで考えたからこそ、小柳さんは今、歌う喜びを実感している。

 

「数カ月間ずっと歌うことにも後ろ向きになっていました。でも週に2回のレッスンで、体も精神も筋肉も脳も、そして声も活性化して蘇ってきた感じです。今まで、出なかった地の声が出て、ファルセットも楽に出るようになりました。68歳になっても、トレーニングすれば声も体も応えてくれる。それがうれしくて、モチベーションも上がっています」

 

デビュー50年にして、新たな意識も芽生えた。

 

「これまで私はファンのため、スタッフのため、そして親のために歌ってきました。でも今、人生で初めて、自分のために歌っても、許してもらえるかなって。私が、私のために楽しんで歌う歌を、皆さんもよかったら聴いてねって。そう思えるんです。これからも歌に、芝居に、ダンスに、艶っぽい“小柳ルミ子”を貫きます!」

 

「女性自身」2020年11月3日号 掲載

関連カテゴリー: