Sexy Zone 松島聡復帰&デビュー10年「5人でいるのが当たり前」
画像を見る

松島聡が復帰して5人で魅せたライブにファン感涙! 最新シングル『NOT FOUND』が勢い絶好調のSexy Zone。デビュー10周年迎える来年21年には、光文社からカレンダー発売も決定! そんな彼らに、5人での活動再開とデビュー10年目に向けての思いを聞いたーー。

 

■佐藤勝利(24)

「5人でいるのが当たり前なので、やっと通常に戻ったなという気持ちです。なによりトークの要が戻ってきてくれて、安心しています(笑)。10年目は、音楽面をより大切にしていきたいです。日常の中で聴きたくなるような、Sexy Zoneらしいサウンドを極められたらと思っています」

 

■中島健人(26)

「すべてがそろった100%のSexy Zoneで10年目を迎えて、さらにグループとしての厚みが増してきました。最近はとくに、アイドルとしての存在証明ができていると思います。今後の目標は、世界中の人たちに聴いてもらえる音楽を作ること。アジア代表のグループになるつもりで頑張ります!」

 

■菊池風磨(25)

「それぞれがハッピーなほうがいいから、どんな決断でも受け入れようと思っていたんですが、やっぱり5人のほうが居心地がいいですね。まだ何かを成し遂げられたわけじゃないけれど、楽しむことを優先してやっていきたい。その先に、国立競技場でのコンサートがあったらうれしいですね」

 

■松島 聡(22)

「みんなが以前と変わらない空気感で迎えてくれたのが本当にうれしかったです。歌もダンスも少しずつ感覚を取り戻していきたいと思います。今は、いろいろなことが新鮮で、デビュー当時に戻ったような気持ちです(笑)。時代に乗るんじゃなくて、創り出すグループになりたいと思います!」

 

■マリウス葉(20)

「久しぶりに全員そろったとき、欠けていたパズルのピースがはまったようにしっくりときました。みんな大人になったので、自分たちの活動を通して、より有意義なことをしたいという気持ちが高まってきています。世の中が不安定になっているからこそ、何か社会に貢献したいと思っています」

 

「女性自身」2020年11月24日号 掲載

関連カテゴリー:
関連タグ: