『恋母』磯村勇斗オフにハマる「土鍋ご飯&アロマオイル」愛
画像を見る

金曜ドラマ『恋する母たち』(TBS系/金曜夜10時~)に出演中の磯村勇斗(28)。上司の林優子(吉田羊)に恋をする爽やかなサラリーマン・赤坂剛を熱演している。前半のインタビューに続き、今回は撮影秘話や今年初チャレンジした監督業についての話を聞いた。

 

ーー共演者では吉田羊さんとのやりとりが多いと思うのですが、演技以外の時間はどのようなお話をしていますか?

 

実は羊さんとは芝居の話は一切しないんです。お互いの持っているものを現場で出し合って、セッションしていくスタイルです。だから、撮影の合間などは結構プライベートな話をしていますね。羊さんも映画を観るのがお好きなので、お互いのどんな作品を見たかという話や、ご飯の話もよくしていますね。

 

ーー磯村さんはカフェのキッチンでのアルバイト経験もあり、料理がお上手なんですよね!

 

いやいや、料理は好きですし、テレビ番組でも披露することはありますが、上手ではないんですよ(苦笑)。ただ、時間があるときにはなるべく自炊するようにはしていますね。最近、土鍋を購入しまして、ご飯を土鍋で炊くようになったんですよ。それを羊さんに話したら、おいしいお米の産地を教えてくださいました。羊さんはグルメなので、いろいろな情報をご存じなんですよね。

 

『恋母』磯村勇斗オフにハマる「土鍋ご飯&アロマオイル」愛
画像を見る リラックス法はサウナで、ヴィヒタとアロマオイルが欠かせないという。

 

ーー撮影でお忙しいと思いますが、磯村さんのリラックス法は?

 

1日外にいて、「あぁ疲れたな~」と思って家に帰って来てすることといえば、ヴィヒタ(VIHTA)のアロマオイルの原液をそのまま嗅ぐこと。ヴィヒタは白樺の若い枝葉を束ねたもので、サウナには欠かせないものです。サウナ室内に吊るして香りを楽しんだり、温まったヴィヒタで全身を叩くフィンランドのマッサージで使ったりするものです。僕はサウナ好きなのですが、ヴィヒタの白樺独特の香りも大好きで、アロマオイルを持っているんですよね。なんだかスッキリして、疲れも取れる気がするんですよね。

 

ーー最近ハマっていることや新しく始めたことはありますか?

 

実は監督デビューをしたんです。いつもは俳優業をしていますが、今回、監督をやってみませんか?とお話をいただいて。25分以内の短編映画で、『機械仕掛けの君』という作品です。4~5月の自粛期間中に企画やテーマを考えたり、脚本家さんと打ち合わせしたり、いろいろ準備していました。実際にやってみて、すごく楽しかったですね。仕事を終えて思ったのが、まず何よりもスタッフさんへの感謝。やりたいと思うことを具現化してくださって、本当にありがたいと思いました。俳優は普段、準備された現場にポンと入るだけですが、準備段階からスタッフさんと一緒に作り上げたことで、ひとつの作品を作るのに、こんなにもいろいろな人が時間と労力をかけて、携わってくれているんだと知れたことが大きいですね。改めて作り手の皆さんのおかげで、俳優はそこに立たせてもらえているんだと気付かされました。

 

ーー自分で監督業をやってみたことで、俳優業にもフィードバックできそうですか?

 

初挑戦でしたが、監督業はとても面白いと思いましたし、やりがいも達成感もありました。ただ、監督業をやってみたら、作品を俯瞰で客観的に見すぎてしまう部分があるなということも改めて実感しました。だから、監督をやったことで、俳優として役の幅は意外に広がらないかもしれません。俳優業をやるときには、監督業目線の「たぶんこういうのが欲しいんだろうな」と考えながら演じると、いやらしくなっちゃうので、切り替えていかないといけないですね。これを機に、またいろいろなことにチャレンジしていきたいと思っています。

 

磯村さんが監督デビューをした『機械仕掛けの君』は、5人の俳優がメガホンを握ったWOWOW『アクターズ・ショート・フィルム』のなかの1本。2021年1月13日(水)WOWOWオンデマンド配信スタート/1月23日(土)夜7:00~WOWOWプライムで放送。

関連カテゴリー:
関連タグ: