武井壮も賞賛!NHKお笑い番組“初マスター”みんなのたかみち素顔
初の「わらたま芸人マスター」。来年1月3日の17時から放送予定の「わらたまドッカ〜ン 笑って元気100倍SP(第2弾)」にも出演予定 画像を見る

「36でしょ、今? 俺も36のときは、誰も俺のこと知らなかったから。俺は39歳でデビューだからーー」

 

武井壮(47)は、みんなのたかみち(36)にこう語りかけた。

 

「世の中には(人を楽しませる力があるのに)知られてなくて力を発揮できていない人っている。俺も実際そうだったからーー。たかみちの明るいキャラクターだったら、番組に出ればぜったい認知されるし、いまそういうお仕事している人と遜色ないことができると俺は思っている」

 

尊敬する人からそんな言葉を贈られて、たかみちは大きな体を震わせ号泣した――。

 

■NHKの子供向け番組、初の“マスター”

 

みんなのたかみちという芸人がいる。185センチの長身に、アフロっぽい髪型とオーバーオールがトレードマーク。芸歴は15年目。最近はピン芸人として活動することが増えたが、「プリンセス金魚」というコンビを組んでいる。全国区の番組に出たこともあるが、けっして知名度は高くない。

 

だが、ひとたび“舞台”に上がれば、観客たちは腹を抱えて笑い、万雷の拍手をたかみちにおくる。今を時めく芸人も人気ユーチューバーでも、これほどの笑い声は集められないかもしれない。小さなお客さんたちを前にした舞台ではーー。

 

みんなのたかみちは子供の前で抜群の強さを誇る芸人だ。今年8月には、2組の芸人がネタを披露して子供の投票で勝敗を決める「わらたまドッカ〜ン」(NHK Eテレ)という番組で、番組史上初の「わらたま芸人マスター」に輝いた。

 

4勝した者に与えられる「マスター」の称号。4回以上出演した者のなかには、テツandトモやアンガールズ、小島よしお、ジャングルポケット、オジンオズボーンなど、たかみちよりもずっと知名度のある芸人も含まれている。だが、4戦4勝で誰よりも早くこの称号にたどり着いたのは、たかみちだった。

 

「子供は自分が好きなものが好き。知名度がなくても『誰やねん』てならずに、おもしろいと思えば笑ってくれますから」

 

コテコテの関西弁で、そう語るたかみち。子供に愛され、武井壮も手放しで褒めるたかみちだが、もともとはまったく違うタイプの芸人だった。

 

次ページ >ナイツと新人大賞を争った期待の星

関連カテゴリー: