Sexy Zoneが新境地!最先端リモート撮影&バトルすぎる撮影って?
画像を見る

Sexy Zoneの「過去・現在・未来」をテーマにした、現在予約受付中の『Sexy Zone オフィシャルカレンダー2021.4-2022.3』(2021年3月5日発売・光文社)。「未来」パートでは、ビデオ通話アプリを使ったリモート撮影に初挑戦!

 

Sexy Zoneのメンバーがいるスタジオと、カメラマンが特別なセットを組んだ別のスタジオを、ビデオ通話でつなぎながら撮影。メンバーが映ったスマホを、パノラマのようなセットに配置して撮ることで、幻想的な写真に。

 

「合成じゃないのがカッコいい! これがきっかけで、未来の撮影方法の可能性が広がっていくかもと思うとワクワクします」(マリウス葉・20)、「やってることはハイテクだけど、撮影するときにはアナログな苦労もありました(笑)。時代にマッチした方法だし、できあがりが楽しみです」(菊池風磨・25)と、試行錯誤しながらも楽しんで撮影に臨んでくれました。

 

また、「男を撮らせたら日本一」と話題の荒木勇人氏と1対1の“撮影バトル”も繰り広げられた。撮る者と撮られる者、男同士1対1で対峙する、バトルのような撮影方法に、メンバーたちはスタジオを縦横無尽に動き回りながら、熱い“パッション”を感じるショットを連発。

 

とくにダイナミックな動きをしてくれた中島健人(26)は、途中で感情が高ぶりすぎたのか「ああー!」と宙に向かって咆哮する場面も。それを見ていた松島聡(23)は、「ケンティーすごいな!」と思わず感嘆。松島自身の撮影のときにも、髪をぬらされて「こんなにぬらすの!?」と、驚きの連発だったよう(笑)。

 

撮影の合間には、佐藤勝利(24)がカメラを手に取って、ほかのメンバーやカメラマンのオフショットをパシャリ「いい写真が撮れました」と、満足したご様子でした。

 

どんな写真が撮れたか、乞うご期待!

 

「女性自身」2020年12月29日号 掲載

関連カテゴリー: