【秘蔵写真】吉永小百合76歳が語る「初めて」の仕事と恋
画像を見る

「ゆり子さんとはお互い素顔に近い状態でも自撮りしたんです。その写真は私のスマホに大切に保存しています」

 

そう話すのは、映画『いのちの停車場』(5月21日全国公開)で、主演作が122本目となった吉永小百合(76)。在宅医療をテーマにした、いのちの大切さを考えさせられる作品だ。劇中の2人での自撮りシーンが印象的だった石田ゆり子とは11年ぶりの共演だという。

 

「彼女とは、私たちが『アニキ』と慕う天海祐希さんと3人でよく食事に行っていたんですよね。おいしいものを食べながら、たわいもないお話をする仲なんですよ」

 

意外にも初の医師役となった今作にちなみ、いろんな「初めて」を聞かせてもらった。まずは初演技のころのお話。

 

「小学6年生で、ラジオドラマ『赤胴鈴之助』に出たのが最初でした。忙しい方たちばかりが集まっていたので、収録はいつも夜中。終わるとアイスクリームをもらえるのがうれしくてやっていました(笑)。中学を卒業して日活に入ると、翌年には年に16本の映画に出演していまして、家に帰る時間もなく、撮影所の控室で仮眠をとるくらいの毎日。とても眠かったのを覚えています」

 

一方、最近のプライベートでの「初めて」もあるという。

 

「2年前からですが、ジムに通い始めました。週に1回、バーベルを使ってスクワットしたり、1時間ちょっと筋トレしています。水泳は週2回、2000メートルくらい。もうね、運動していないと調子がおかしくなっちゃうんですよ(笑)」

 

それでは「初めての恋」は?

 

「中学生のころかしら、ハンサム、というよりダンディーな大人な感じの男の人に引かれては胸がキュンとしていました」

 

ダンディーといえば、年上で紳士的な旦那さま。吉永のために手料理を作ってくれるそうだ。

 

「夕飯は私が好きなワインに合う洋風のものを作ってくれます。鶏肉のソテーなんかすごくおいしいですね。夫婦円満の秘訣は、何でもよく話し合うことかしら。結婚した当時はそうでないこともありましたけど、長年一緒にいれば何でも話せるようになりますよね」

 

デビュー64年、結婚生活47年。年を重ねても「初めて」を厭わない彼女は、いつまでも輝き続ける。

 

「女性自身」2021年6月1日号 掲載

【関連画像】

関連カテゴリー: