妊娠発表のだいたひかる 不妊治療中がんに…自分の命と子への思い
無事に生まれてくるといいね!と笑いあう二人 画像を見る

がんになってから、命に限りがあることを重々感じた――。だいたひかるさん(46)は、不妊治療中に乳がんが発覚し、全摘手術を経てまさかの再発。もうわが子は望めない、と一時は絶望した。そんなさなかで、支えたのは夫の小泉貴之さん(44)だった。年齢という現実と、がん治療中断のリスク。けれど、2人は、命を懸けて最後の受精卵に賭けると決めた。   そんな2人に...

出典元:

「女性自身」2021年8月17日・24日合併号,

【関連画像】

関連カテゴリー: