コロッケ「ありのままの自分伝えたい」語った還暦前に終活ノート始めた訳
画像を見る

子供からお年寄りまで、知らぬ人はいない「ものまねレジェンド」のコロッケさん(61)。デビューから40年、今なお第一線で走り続けているが、その現役ぶりとは裏腹に3年前からエンディングノートを書いているという。   きっかけは‘18年に公開された映画『ゆずりは』。本名の滝川広志として、葬儀社の部長役を主演したことだったというが、家族に残したい思いとは。...

出典元:

「女性自身」2021年9月21日号,

【関連画像】

関連カテゴリー: