40年来の盟友・根本敬が語る“認知症になった蛭子さん”の芸術センス
画像を見る

「金と自由は欲しいけど、何もしたくないーー」を貫いてきたタレントで漫画家の蛭子能収さん(74)。2020年夏に認知症を公表した後も、その“人生哲学”はまったく変わらない。絵を描くよりもテレビの仕事のほうが楽だしギャラもいいと言い続ける蛭子さんに突如湧いた「絵画展プロジェクト」。果たしてプロジェクトは成功するのだろうか……。(第9回/全10回)   ...

出典元:

WEB女性自身

【関連画像】

関連カテゴリー: