ホイットニー・ヒューストン ライブレポート@さいたまスーパーアリーナ 13th Feb

image 

 13年振りに来日公演を行ったR&B界のディーヴァ、ホイットニー・ヒューストンのライブレポートをお届け!

これまでにトータル売り上げ枚数、ナント1億7000万枚を誇る
女王ホイットニー。ところが、家庭内暴力や薬物問題といったスキャンダルばかりが話題を先行し、ときどきファンを心配させた時期もあったが、昨年アルバム『I LOOK TO YOU』でみごとに復活!全米1位も獲得し、音楽面での才能を再び開花させたのでした。

 

 海外アーティストの公演チケットが、大物になればなるほど高騰している中、その名前だけで会場を埋め尽くすことが出来る数少ないアーティストのひとり、ホイットニー・ヒューストンが久々に日本のファンの前に姿をみせた。この日もさいたまスーパーアリーナは、天井てっぺん近くの観客席までぎっしり埋まって満員御礼。翌日がバレンタインデーということもあって、客席の中にはカップルの姿もちらほら見えた。

 17時15分場内が暗転し、ステージ中央の巨大スクリーンに、過去のミュージックビデオなどの映像が映し出されると、場内からは“ホイットニ~”の大コールが響き渡った。

観客全員の期待と目線がステージ中央に注がれるなか、キラキラと輝くミニのドレスに黒のロングブーツ、ディーヴァらしくブラックのロングコートを羽織った貫録いっぱいのホイットニーが、颯爽と登場!復活という言葉にふさわしい豪華なステージが、1曲目『FOR THE LOVERS』から幕を開けた。

後ろの席の外国人カップルも、スタートから大興奮気味で、ホイットニーに合わせてシングアロング。

タキシード姿の4人の男性ダンサー、女性3人、男性2人で構成されたバックシンガーも、ステージ狭しと右へ左へ優雅に動くホイットニーに合わせ、歌と踊りで華をそえていた。

「ドウモアリガトウ」と観客の声援に深々と頭を下げて応えると、ここで待ちに待ったホイット二ーの第一声。

「ようこそホイットニー・ヒューストンのSHOWへ!13 年間待っていてくれてアリガトウ!戻って来られて嬉しいわ!。SHOWのポイントはとにかく楽しむことよ!」そう言って、ちょっぴり腰をスウィングしてみせて、観客を煽って見せた。

『MY LOVE』では、パープルとブル―を基調としたライティングが、まるでここがどこかN.Y.のジャズクラブにいる様な、そんな雰囲気を思い起こさせた。

13年間のブランクを感じさせないパワフルなステージが続いていき、なんとホイットニーの衣装替えの間をつないだのは、ホイットニーの実兄でバックボーカルも務めるゲイリー・ヒューストンだった。容姿は髪にも髭にも白髪の混ざったおじさん(失礼)だが、ショウビジネスファミリーの一員だけあり、とても素晴らしい声を披露した。

スクリーンに、すこし若い頃のホイットニーの映像や、PVなどが映し出され、観客がホイットニーの栄光に浸っていると、今度はシルバーのコートを羽織って再登場。まず「みなさんの忠誠心に感謝します」と言葉を述べ、その後、『すべてをあなたに』『グレイテスト・ラブ・オブ・オ―ル』『オール・アット・ワンス』などのヒット曲がメドレーとなって披露された。これにはフルコーラスで聴きたかったファンにはちょっと物足りない(!?)様子だった。

image

SHOWのハイライトは、なんといっても次に歌われたゴスペルセクションだろう。ライブレポートをメモする手を思わず止めてしまうくらい、ホイットニーが天を仰ぎ、ホイットニーがホイットニーじゃない、まるで別人になったかのように力強く歌う姿に、鳥肌が立ち、見入ってしまった。ホイットニーは、身近で亡くなった誰かを思いながら、魂を込めて歌っている様子だった。

続いては、打って変わってステージ上は、黄色やゴールドにライトアップ。聞こえてきたのは『すてきなSOMEBODY』。ダンサーを両腕に携えて踊るホイットニーに合わせ、場内もダンスフロアーへと早変わりした。

そうしていよいよ誰もが待っていた名曲!『I WILL ALWAYS LOVE YOU』。スタンドマイクが用意され、息を整えたホイットニーがアレンジを変えたバージョンで歌い始めたが、一番盛り上がるハイライトのサビの部分で、ちょっと高音を苦しそうに歌う姿がみられ、残念。場内から「ノープロブレム!I LOVE YOU」の声。その後、観客に背中を向けて水を飲むと、喉も落ちついた様子で、再び元気よく歌い続けた。最後は祈るような姿でしゃがみこみ、ホイットニーは投げキッスとピースサインを放つと、観客は総立ちでそれを受け止めた。

大歓声に応えて、アンコールは『MILLION DOLLAR BILL』。今度は白い毛革のようなゴージャスなコートを羽織って登場し、ステージ上の誰よりも圧倒的な存在感で、観客を魅了。女王は「GOD BLESS YOU」の言葉とともに、繰り返し頭を下げ、感謝の意を表しながら、約2時間のSHOWに幕を閉じた。

 

アルバム

 

image

 

 

 

 

ホイットニー・ヒューストンオフィシャルサイト

『I Look To You』
 ¥2,520(税込)
Sony Music Japan International