マルーン5 スぺシャル・ファンイベント レポート@原宿アストロホール

今月15日に、3年ぶり3枚目のニューアルバム『ハンズ・オール・オーヴァー』をリリースするグラミー賞受賞バンドのマルーン5(マルーン・ファイヴ)が、コンサートを除く、プロモーションでの初来日を果たし、6日、一夜限りのスペシャル・ファンイベントを行った。所属レコード会社のユニバーサル ミュージックとラジオ局が募集した総数5,000人の応募の中から見事抽選で選ばれたラッキーなファン300人が集合!
演奏してほしい曲を事前にファンに募ったところ、リクエストの多かった曲の中からメンバーたちが選曲した4曲が披露され、マルーン5と過ごす超貴重な時間に、集まったファンは終始大興奮の様子だった。

image 夕方になっても変わらず続くこの記録的な外の暑さと同じくらい、ここ原宿アストロホール内も、マルーン5の登場を待つファンの熱気でムンムンしていた。18時30分、開演と同時にメンバー5人がステージに登場すると、場内からは大歓声が沸き起こった。
ステージ左にベースのミッキー、その後ろにドラムのマット、右にはギターのジェイムス、その後ろにキーボードのジェシー、そして中央には、マルーン5の顔、ヴォーカルのアダム・レヴィーンが位置についてショーがスタート!「ハロー!」というアダムの第一声で、セカンドアルバムからの大ヒット曲“メイクス・ミー・ワンダー”が披露された。
前回の来日公演では武道館を3日間完全ソールドアウトにした実力をもつこのビックバンド。「こんな至近距離で見られるなんて最高!」と埼玉から来たという隣の女のコは大興奮していた。所狭しと動く5人の息はピッタリで、仲のよさが感じられた。続いて、ニュー・アルバム『ハンズ・オール・オーヴァー』から“ギヴ・ア・リトル・モア”。ギターのカッティングが最高にカッコイイこの曲。キーボードのジェシーが観客に手拍子を煽り、ここ原宿で世界初披露となるこの曲に、観客はノリノリだ。アダムが観客に背中をむけ、妖艶な腰つきで挑発してみせた。
ロックテイスト満載な1曲。曲が終わってアダムが一口水を飲むだけで、「キャーッ!!」と黄色い歓声が沸き起こった。3曲目も大ヒット曲、“トヨタヴィッツ”のCMソングにも使用された、ファースト・アルバムから“サンデイ・モーニング”。美しい流れのある素晴らしくエモーショナルなこのロックバラードに場内は大合唱。アダムの美しい声にうっとりと酔いしれた。と、ここで曲が終わると、なぜか江戸弁!?で
「タイヘンデェイ!」とアダム。誰に教わったのかいきなりのこの言葉に場内大爆笑。「疲れちゃったからバ~イ!」とおちゃめの言葉に、ファンからは「エエ~ッ!!!」のブーイング。
image「冗談だよ!最後の曲はニュー・アルバムから“ミザリ―”だよ」
もうラジオでも相当ヘビロテのこの曲。PVはアダムの実際のガールフレンド、アン・ヴィアリティーナ嬢からあらゆる手で殺されかけるという面白いコンセプトでただいま話題沸騰中。眉毛を下げて、力を振り絞って天を仰ぎながら、まるで懇願するように歌うアダムの顔がなんとも印象的だった(笑)。
ジェイムスはこの会場の熱気のなか、肩まで伸びた髪がちょっと暑苦しそうで、何度も髪をかきあげていた。ミッキーも、最前列の女のコにハイタッチしてみたりと束の間のファンとの交流を楽しんでいた。あっという間の超貴重なパフォーマンスのあとは、質疑応答タイム!ステージ上に椅子が用意され、スタンディングで見守るファンにメンバーが一歩近づくと、場内全体がワァーッと前方へ押し寄せた。事前に選ばれた3人の女のコがステージに上がり、質問タイムがスタート!。

1番目の女の子:日本に来て驚いたことは?

アダム:日本はユニークでクールで楽しい国。独自の世界をもっている。日本食も大好きだよ!

ジェシー:日本のオーディエンスはちゃんと僕たちの演奏を聞いてくれる。アメリカじゃ、ビール片手に・・・・・・(と隣でアダムが倒れてみせて)こんな風にはちゃめちゃで倒れちゃうやつもいるしな(笑)

2番目の女のコ:メンバーのみんなは草食系? それとも肉食系?

アダム:“ミザリー”のPVでは随分といたぶられているけど、ああいうの結構好きだよ!
※ここで、アダムがメンバーのみんなを分析!ジェイムスはタイガー、ジェシーは鹿、マットは恐竜、ミッキーは狐、で僕はカエルかな?いやチーターだ!
(3番目の女のコが出てきたところで、アダムがここで、一番右はじに座っていたジェイムスに「ハグしちゃいなよ」と煽り、3番目の女のコとしばしのハグタイムに客席からはまたもや“キャーッ”と悲鳴が沸き起こる。)

3番目の女のコ:日本の女性はどうですか?

アダム:(答える前に、日本の女性はナイスだねといわんばかりに、客席に向けて親指を立てながらウィンクをしてみせた。声を渋く、低めにしながら)キレイだし、優しいし、髪形も素敵だし、スタイルも抜群、アメージング! 

と、日本のファンをベタ褒めで大サービス!最後は、メンバーからの突然のサプライズ! 20秒間だけ撮影OK!ということで、みんな慌てて携帯カメラ、デジカメを用意。あちらこちらから「ちょっと待って~!」の声が。ジェシーは着ていたシャツを脱いでみせたり、アダムはおでこにマイクをのっけてみせたりと、サービスショット連発で、アダムはファンのフラッシュに対抗してステージ上から逆撮影する場面も!

楽しいスぺシャル・ファンイベントはあっという間に終演時間を迎え、最後に「We Love You!」の言葉を残して、メンバーはステージを降りていった。来春には来日公演の噂も!?全17曲+日本盤ボーナス・トラック2曲を含む計19曲収録のニュー・アルバムは、9月15日に日本先行発売です!

 

【アルバム】

image

『ハンズ・オール・オヴァー』

定価 2,200(税込)

ユニバーサル ミュージックより

9月15日 日本先行発売

マルーン5 オフィシャルページ

 

 

関連タグ: