image

ルーカスフィルムを40億5千万ドルで買収し、世界中の度肝を抜いたディズニー。これはピクサー、マーベルに続き3例目の大規模なM&Aとなったが、ディズニーはすでに次のターゲットを定めているようだ。

<a href="http://geek-news.mtv.com/2012/11/05/disney-buying-hasbro/" target="blank">MTV Geek</a>によると、ディズニーはトランスフォーマーやG.I.ジョーといった人気キャラクターのグッズやゲームを製造・販売する世界最大規模の玩具メーカー、ハズブロ(Hasbro)の買収協議を進めているという。

ハズブロが保有するライセンスは、今やディズニーのものとなった『スターウォーズ』やマーベル作品だけではない。ハズブロ自身もM&Aを繰り返し、現在までに『トランスフォーマー』『G.I.ジョー』『ダンジョン&ドラゴン』『マジック・ザ・ギャザリング』『ナーフ』など、そうそうたるブランドを傘下に収めている。また、女児向けのオリジナルキャラクター『マイリトルポニー』も1980年代の誕生後、何度もアニメ化され、今も絶大な人気を保っている。

現段階ではまだ「噂」の域をを出ないが、もしこの買収が実現すればおもちゃ業界の勢力図が大きく塗り替えられることになるだろう。