英王室は現地時間14日、現在妊娠中のキャサリン妃の出産予定日が7月であると公式に発表した。性別はまだわかっていない。

キャサリン妃は12月上旬に重いつわりで入院。この症状から「双子の可能性が高い」と予想するジャーナリストもいたが、関係者によるとこの可能性は低いという。妃の体調は退院後から徐々に回復しており、現在は妊娠13〜14週に入っている。
夫妻の父で64歳のチャールズ皇太子も初孫の誕生を心待ちにしているようで、「この年でおじいちゃんになることは実に素晴らしい。息子の妻が快方に向かっていると聞きとても嬉しく思う。神に感謝する」とコメントしている。
7月といえば、ウィリアム王子の母である故ダイアナ妃も7月1日が誕生日。この”偶然”と、妊娠が順調に進んでいることに、英国は喜びに沸いている。

ニュース動画は
こちら

 

関連タグ: