image

Matt Petit / (C)A.M.P.A.S.

グウィネス・パルトロウ、3人目の子を流産していたと告白 「私も死にそうだった」

女優のグウィネス・パルトロウ(40)がDaily Mailのインタビューで、3人目の子どもを流産していたことを明らかにした。

夫であるコールドプレイのボーカル、クリス・マーティンとの間に長女アップル(9)、長男モーゼ(6)をもうけたパルトロウは「私の子どもたちはいつも赤ちゃんがいることを望んでいるの。3人目を授かったけれど、失ってしまった。それ以来、いつもこのことを考えてるわ」と告白。「3度目の妊娠中は本当にきつかった。トラブル続きで、私も死にかけたのよ」と辛い記憶を静かに掘り起こしながら語ったが、いつ頃のことであったのかについては明言を避けた。

パルトロウはこの悲しい出来事をずっと胸に秘めてきたが、親友のビヨンセとジェイ・Z夫妻にだけは打ち明けていたとか。2人の間に生まれた娘ブルー・アイヴィーを見ているうちに、再度、3人目を妊娠することを視野に入れ始めたという。「ブルー・アイヴィーは本っ当にかわいいの。また赤ちゃんが欲しくなっちゃったわ」と言葉に力を込めたパルトロウ。彼女とその家族のためにも、コウノトリの飛来を願ってやまない。