image

(C)VibeTV

R&Bシンガーソングライターのロビン・シックが先日リリースした新曲「Blurred Lines」のミュージックビデオがYouTubeから削除されてしまったとHuffingtong Postが報じている。登場する女性たちがほぼヌードである点が過激と判断されたようだ。

 

問題のビデオは先週アップロードされ、視聴回数は瞬く間に100万回を超えた。ブルネットとブロンドの白人、そして黒人の女性3人がパンティだけを身につけた姿で躍ったり楽器を弾いたりしている様子はインパクト大。当然、バストは丸見えだ。YouTube側はこれが原因ビデオを削除したと見られているが、公式なコメントはまだ出されていない。

 

ヌードモデルと撮影することについて、シックは妻である女優のポーラ・パットンにお伺いを立てたとインタビューで話していたが、妻は許してもYouTubeが許してくれなかったという皮肉な結果となった。

 

ミュージックビデオを扱うエンタテインメントサイト「VEVO」にはまだ残っているそうだが、残念ながら日本からは見ることができない。また、ユニバーサル・ミュージック・ジャパンのオフィシャルサイトには同じ女性が服を着た別バージョンのビデオが掲載されている。