image

E!

薬物依存を克服するためのリハビリ施設を退所したばかりのリンジー・ローハン(27)。身も心もすっかりクリーンに……とはいかなかったようで、早速騒動の火種を撒いているようだ。

8月5日に放送されるE!のトークショー「Chelsea Lately」で、同じ子役出身の女優クリステン・スチュワート(23)が、パパラッチに暴言を吐いた事件に触れ、「ついに爆発しちゃったのね−、見ててワクワクしちゃったわよ!」とからかい気味に大喜び。ほかの出演者の驚きと笑いを誘ったが、すぐに取り繕うように、「あ、ちがうの、私は彼女のことが大好きなのよ。あの子は最高よ。私はクリステン・スチュワートのファンなんです」とフォローした。

とは言いつつもなめらかな舌は止まらない。「彼女がパパラッチを憎んでいるのは、ミニ・クーパーの中で既婚者とイチャイチャしてるところを撮られちゃったからでしょ? あの時はほんと、びっくりしちゃった!」と、大好きであるはずのスチュワートの古傷をえぐり、さらに塩をすり込む爆弾発言。これは言うまでもなく、スチュワートがロバート・パティンソンとの交際中に主演映画『スノー・ホワイト』のルパート・サンダース監督と不倫したことを指している。このことがきっかけでパティンソンと破局、サンダース夫妻は離婚、全世界からバッシング……と散々な目に遭ったため、スチュワートからすれば絶対に触れてもらいたくない話題のはずだが、そこへあえて切り込んでいくところがローハンらしい。

実はローハン、リハビリプログラムは消化したものの、精神的な治療にはあと約15カ月を要すると言われているとか。問題のトークショーは米国時間5日の23時から放映される。どんな驚き発言が飛び出すか、実に見ものである。