image

テレビドラマ『プリズン・ブレイク』でマイケル・スコフィールドを演じたウェントワース・ミラーが公式にゲイであることをカミングアウトした。

サンクトペテルブルク国際映画祭の責任者に宛てた手紙の中で自らを「ゲイの男性」と呼び、ロシアで6月に制定された同性愛禁止法を理由に出席を辞退ことで発覚した。GLAAD(中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟)が発表したこの手紙を以下に紹介しよう。

「ご招待いただきありがとうございます。過去にロシアを訪れ、ロシアの歴史を楽しんだ人々のように、私も喜んで、と申し上げたかった。しかし、ゲイの男性として、今回はお断りしなければなりません。

私はゲイとレズビアンに対するロシア政府の処遇にひどく心を痛めています。この状況を決して受け入れることはできません。私のような人々から、生活したり、公に愛し合うという基本的な権利を制度として剥奪するような国が催すイベントには、どう考えても出席できないのです。

もし、状況が変わるならば、その時は違った選択をするでしょう。

では、その時まで。

ウェントワース・ミラー」

 

GLAADのスポークスマンはこう続けた。

「ウェントワースの大胆な意思表示は、暴力と迫害に直面しているロシアのLGBTの皆さんへの強力なメッセージです。あなたたちは1人ではありません。ロシアのこの恐ろしい法律に対して世界中から反対の声が上がり続けています。より多くの有名人や企業も、彼に続いてロシアの同性愛禁止法を公式に非難するべきです」

ウェントワースの勇気ある行動に触発されて、さらにカミングアウトするセレブリティが出てくるかもしれない。