image

(Sotheby’s)

ブルース・スプリングスティーンの名曲「明日なき暴走(Born to Run)」の歌詞を、本人が手書きで記したノートの1ページがサザビーズでオークションにかけられ、197,000ドル(約2,000万円)で落札された。

 

「明日なき暴走」は、リリース当初はビルボードチャートで23位どまりであったが、ローリングストーン誌の「全年代で最も偉大な曲」ランキングで21位、ロックの殿堂の「ロックン・ロールの歴史500曲」にも選ばれるなど、アメリカン・ロックの名曲として知られている。

 

スプリングスティーンが今回の競売にあたってサザビーズに寄せたコメントによると、この歌詞は1974年初頭、まったく商業的に振るわなかった2枚のアルバムを出した後に、ニュージャージー州ロングブランチの自宅で書いたものだという。

 

「ある日、ベッドの端で曲のアイディアを練りながらギターを弾いていたんだ。そのとき、”born to run”って言葉が浮かんできてね。最初は映画か何かのタイトルか、車で流していたときに見かけたものなのかなと思ってたんだ。僕はこのフレーズが気に入ったよ」

 

翌年、このお気に入りのフレーズを冠した曲は、スプリングスティーン自身初となる全世界リリースを果たした。

 

青いインクを使い、30行にわたってクセのある字で書かれた歌詞は完成形ではなく草稿のようなもの。70年代に書かれたものとは思えないほど保存状態は良好で、ファンにとっては垂涎のアイテムだ。オークションは40,000ドルからスタート。予想価格は70,000ドルから100,000ドルとされていたが、これを大きく上回り、197,000ドル(約2,000万円)という高値で落札された。