image

PEOPLE

 

「我々はいかなるときもお互いを愛し、親友であり続けるでしょう。しかし、今は別れようという結論に達しました」との声明をPEOPLE誌に伝えている。

 

ロビンが14歳のときに2人は出会い、16歳から交際をスタート、28歳になった2005年に結婚し、2010年4月には息子ジュリアン・フエゴが誕生。音楽界、映画界でそれぞれ確固たる地位を築いた2人は、お互いのイベントに揃って出席することが多く、おしどり夫婦として知られていた。昨年の秋にも、ロビンはインタビューで「僕たちはお互いに心から愛し合っていることを確信しているんだ」とノロけていただけに、突然の離婚劇は大いなる驚きを持って迎えられた。

 

昨年ロビンがリリースした「Blurred Lines(邦題:ブラード・ラインズ〜今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ♪)」がBillboardチャートで12週連続1位を記録するという大ヒット作となり、にわかに世界中からの注目が集まるなか、MTVミュージック・アワードでのマイリー・サイラスとの過激なパフォーマンスや、「Blurred Lines」が盗作だとしてマーヴィン・ゲイの遺族に訴訟を起こされるなど、ここ最近はスキャンダルにも見舞われていたが、こういったことも離婚の一因になったのだろうか。離婚の理由については、双方とも口を閉ざしている。

関連タグ: