image

(C)2014 Disney. All Rights Reserved.

現在までに、全世界で12億ドルを超える興行収入を叩きだしている『アナと雪の女王』。日本でもDVD発売を目前に控え、その人気は衰えることを知らないが、英国では赤ちゃんの名付けに大きな影響を与えているようだ。

 

BabyCentreが発表した「今年上半期に最も多く付けられた名前TOP100」によると、昨年は圏外だった「Elsa(エルサ)」が、243という脅威のランクアップ率で88位に入った。「映画のヒロインはアナですが、エルサはより個性的で強い女性のロールモデルとなっています」とBabyCentreの編集者は言う。昨年は大ヒットドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の主人公アリアにちなみ、「Arya」という名前が急増。映画やドラマは名付けに多大な影響をもたらすという。

 

ちなみに女の子の1位はEmily(エミリー)、男の子は昨年同様Oliver(オリヴァー)だった。

 

米国では、昨年34,000人の赤ちゃんがエルサと名付けられたが、これは順位にすると528位。決して人気の名前というわけではなかったが、今年は大躍進が予想されている。

関連タグ: