image

今年のアカデミー賞授賞式に連れ立って出席したブランジェリーナ
Bryan Crowe / ©A.M.P.A.S.

今や友達や家族、恋人同士のやり取りはメールやSNSが主流。そんなご時世に、手書きのラブレターを送り合う男女がいる。アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットだ。ジョリーがオーストラリアのテレビ誌によるインタビューで明らかにした。

 

ジョリーはオーストラリアで監督作『Unbroken(原題)』の、ピットはロンドンで『Fury(原題)』の撮影で、会えない期間が続いたときに、手紙のやり取りをしようと決めたという。

 

「手書きの手紙をお互いに送り合うことで、絆が強くなるの。何年もというわけではないけれど、数ヶ月離ればなれになってもお互いを思いやれる。彼はどんなに遠くにいても私を支えてくれるわ。とてもロマンティックな方法でしょう」。

 

この話題に対し、「なんて素敵なの。このカップル、大好きだわ。慈悲深いし才能もあるし、最高の両親だと思う」「僕がハリウッドで尊敬できる唯一のカップルだ」「この人を嫌う人がいるなんて信じられない。彼女は良き母で、良きパートナーだ」と絶賛の声が寄せられる一方で、「人は彼女がブラッドをジェニファー(・アニストン)から奪ったと考えている。そういう背景があるとね……」と、2人の過去を指摘する厳しい意見も。この2人は言うまでもなく、何かと名前を出されるアニストンの方も辟易しているに違いない。