image

Scott Weiland / Facebook

「元ストーン・テンプル・パイロッツ(STP)のボーカル、スコット・ウェイランドが先月万引き容疑で逮捕されていた」とTMZが報じ、米国では大騒ぎになっている。

 

TMZによると、容疑者はビバリーヒルズのドラッグストアでカミソリやコスメ用品を盗み、警備員に呼び止められたところ逃走。しかし、外で警官に取り押さえられ現行犯逮捕されたという。「俺はSTPのスコット・ウェイランドだぞ」とかつての名声をカードに抵抗するも効力はゼロ。さらに身体検査でメタンフェタミン(覚醒剤)を所持していたこともわかり言い逃れは不可能な状況へ。95,000ドルの保釈金を支払うことができず、7月26日からずっと拘置されているという。

 

罪状が単なる「窃盗」ではなく「強盗」であった理由について警察は、容疑者が最初から盗み目的で入店したことを挙げている。エントランスに設置されている防犯装置に検知されないよう、バッグに絶縁処理が施されていたことが証拠となった。

 

しかし、この報道が出た直後、ウェイランドは自身のFacebookページに「スコット・ウェイランドは監禁されています……スタジオにね!」とTMZへ向けて動画付きでメッセージを配信。「俺が1カ月留置所にいたってTMZは言っているけど、ずっとスタジオで新譜を作っていたよ」と潔白を主張した。

 

TMZはこれを受け、「でも辻褄が合わない。ロサンゼルス郡警察は『現在ウェイランドは間違いなく拘留されている』と言っている。また、書面での声明のタイトルは『セレブリティの逮捕』となっていたし、『容疑者はSTPの元メンバーであるスコット・ウェイランド(46)。強盗と規制薬物所持の疑いで逮捕、拘束した』と書いてあった」と間違いを認めなかったが、米国時間21日の夜遅くに記事を更新。「ロサンゼルス郡警察は、拘束している人物がスコット・ウェイランドではないと認めた。この容疑者が誰であるのかを現在捜査中だ」と報じた。

 

完全な濡れ衣を着せられた格好のウェイランドには、Facebookページを通じて応援のメッセージが続々と寄せられている。動画でウェイランドは「TMZ、俺の弁護士から連絡が行くから待ってなよ」と通告。名誉毀損での訴訟は避けられないだろう。