image

「フード・ネットワーク・スター」シーズン8のプロモーション映像より
(C)YouTube

 

 

米国のリアリティTVタレント、クリスティ・ショーン・コッド(38)が、夫と共に殺害されていたことがわかった。第一子をお腹に宿しており、妊娠5か月目だった。

 

コッドは料理専門のケーブルテレビチャンネル「フード・ネットワーク」で放送されているリアリティショー「フード・ネットワーク・スター」の第8シーズン(2012)に出場したことで一躍有名に。勝ち残りをかけて様々なテーマで料理の腕を競い合う番組だが、コッドは初回で脱落。オーディション番組をよく見る方ならおわかりいただけると思うが、番組中盤で脱落するよりも、いきなり初回でお払い箱にされる出場者の方が記憶に残る場合がある。ブロンドで人懐こい笑顔が魅力的な彼女もそんな1人だった。

 

親族から2人の捜索願が出されたのは15日のこと。自宅には乗用車と二匹の飼い犬が残されたままであったという。17日には近所に住むロバート・ジェイソン・オーウェンズが、コッド夫妻と胎児を殺害した第一級謀殺罪で逮捕された。オーウェンズは工務店を営んでおり、以前コッド家で仕事をしたことがあるという。その時に下見をしたのだろう。15日にコッド家に押し入り、ノートパソコンや貴金属、拳銃などを盗んだという。逮捕状によると、警察当局は12日にはコッド一家が殺されたと見ている。オーウェンズは、過去の未解決失踪事件の容疑者としても挙げられており、今回の殺人で仮釈放なしの終身刑、もしくは死刑が科せられることは確実視されている。