image

(C)McDonald

ここ最近のマクドナルドは異物混入などによる顧客離れが進み、深刻な業績悪化に陥っている。マクドナルドの不振は日本に限ったものではなく、世界各国においても売り上げが低迷しているという。そんな逆風に対し、マクドナルドが打ち出してきた施策は「ビッグマックを布にしてしまう」という驚きの変化球だった。

 

今週、マクドナルドは世界中の24の都市で24時間にわたり「I ’m Lovin’ It 24」キャンペーンを敢行。その一環として、スウェーデンのストックホルムで「McWalk」なるファッションショーが開催された。そこで登場したのはビッグマックがプリントされた布で作ったアンダーウェアやレインコート、犬用コートなどの限定コレクション。さらには壁紙やベッドリネンといったインテリアグッズも披露された。

 

これらのアイテムはオンラインストア「BigMacShop( http://bigmacshop.se/ )」で実際に販売されており、保温性と伸縮性にすぐれたアンダーウェアは上下で495クローナ(約6,870円)。枕カバーとコンフォーターカバーのセットは399クローナ(約5,540円)。販売利益はロナルド・マクドナルド児童基金に全額寄付されるという。発送はスウェーデン国内に限られているという点が実に残念だ。

 

 

関連タグ: