image

2013年のアカデミー賞授賞式では二人揃ってレッドカーペットを飾っていた
Sara Wood / (C)A.M.P.A.S.

「比翼の鳥、連理の枝」という言葉が似つかわしい夫婦に見えていた。どこでボタンを掛け違えてしまったのだろう。ベン・アフレック(42)とジェニファー・ガーナー(43)が9年間の結婚生活に幕を下ろすようだ。

 

「ベンとジェンはもう終わってるよ。6月29日が10回目の結婚記念日なんだけど、その前に公式声明を出したいとベンの方からジェンに申し入れがあったらしい」と関係者はRader Onlineに語っている。

 

この一カ月、夫婦が二人でいるところは目撃されていない。4月17日にアフレックが一人でカナダにいる様子がキャッチされたが、この日はガーナーの誕生日だった。妻の誕生日を別々に過ごしていることで、二人の不仲が噂されるようになっていた。

 

これまで、アフレックのギャンブル及びアルコール依存症問題、浮気などがたびたび取り沙汰されてきたが、そのたびに夫婦は克服してきた。しかし、OK誌によると4月に再びアフレックが浮気をし、ガーナーが愛想を尽かしてしまったという。その浮気相手とは『イントゥ・ザ・ウッズ』のシンデレラ役アナ・ケンドリック。「ジェンは、ベンがあまりにもアナと親密だと責め立てました。これに怒ったベンは結婚指輪をはずし、ジェンの誕生日にも関わらずカナダの別荘で一人過ごしていたそうなんです」(二人に近い情報提供者)。

 

夫婦の間にはヴァイオレット(9)、セラフィナ(6)、サミュエル(3)という3人の子どもがいる。離婚となれば親権はガーナーが持つ可能性が濃厚だ。そうなると、慰謝料や財産分与、養育費などでアフレックは1億5千万ドルほどの支払いを余儀なくされるのでは、と関係者は見ている。