image

The Hollywood Reporter

『美女と野獣』に続いて、ディズニーアニメの名作が実写でよみがえる。1992年に公開された『アラジン』の前日譚『Genies(原題)』が実写で製作されていることをThe Hollywodd Reporterが報じた。ランプの魔神ジーニーがアラジンと出会う前の物語が描かれる。

 

脚本は『フレディVSジェイソン』(2003)のダミアン・シャノンとマーク・スウィフト。二人はホラー映画を得意としてきたが近年コメディへとシフトチェンジし、シャノンはピーター・ディンクレイジ主演の『O’ Lucky Day』(2017年公開予定)などの脚本を担当している。また、『ナンバー23』『センター・オブ・ジ・アース』のトリップ・ヴィンソンがプロデューサーを務める。

 

製作は初期段階にあり、キャストや公開時期については一切アナウンスされていない。

関連タグ: