image

Entertainment Weekly

「刑事司法制度では性犯罪を特に重罪とみなす」──これは犯罪捜査ドラマの金字塔『Law & Order』のスピンオフ作品『Law & Order 性犯罪特捜班』の冒頭で流れるモノローグだ。卑劣な犯罪者を追い詰め、法廷で裁くという人気ドラマの作り手が、あろうことか性犯罪で逮捕されてしまった。

 

1994年から2005年までの間に『Law & Order』の34本のエピソードを監督したジェイソン・”ジェイス”・アレクサンダー(42)が29日、未成年(17歳未満)への性的行為の教唆および、未成年によるわいせつ行為を収めた動画の所持で逮捕された。地区検察官事務所が発表した情報によると、捜査の一環で児童ポルノをダウンロードした際、アレクサンダー容疑者の自宅IPアドレスを経由していることが発覚。捜索令状を取り自宅を調べると、コンピュータに児童ポルノが保存されていたことからアレクサンダー容疑者の逮捕に至ったという。

 

保釈金は1万ドル。11月19日に公判が開かれる予定だが、裁判で有罪となれば最高7年の刑が科せられる。

 

『Law & Order』は1990年に米国で放映が始まり、今もなお続く屈指の人気シリーズだ。アレクサンダーは2013年から2014年までジェームズ・スペイダー主演の『ブラックリスト』の共同エグゼクティヴ・プロデューサーも務めていた。さらに、最近では全米監督協会(DGA)の副会長にも選ばれていたテレビ業界の大物だ。

関連タグ: