image

Instagram

今月はじめ、ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンが、プールで溺れた子犬を助けたことが話題となった。新しく家族として迎えたばかりの2匹のフレンチブルドッグで、ジョンソンは「ブルータス」「ホッブス」と名付けてかわいがっていた。ブルータスはホッブスとプールに飛び込んだ際、ホッブスが上手に犬かきをする横で、まるでレンガのように沈んでいったという。これを見たジョンソンはポケットに携帯電話を入れていることも忘れ、着衣のまま水に飛び込みブルータスを救出した。しかし、このブルータスが米国時間28日夜に不幸な事故で息を引き取ってしまったようだ。

 

ジョンソンはInstagramに、動物病院内でぐったりとしたブルータスを抱いた写真を公開。

 

「今日を精一杯生き、そして愛するべきだ。明日が来るなんて保証はないのだから。昨晩の11:15頃、俺とローレン・ハッシャンはブルータスを安楽死させるというあまりにも辛い決断を迫られた。

 

昨日、ブルータスは外でホッブスと遊んでいた。その時、他のあらゆる子犬や成犬がするように、キノコを食べてしまったんだ。このキノコは強い毒性を持っていて、数時間もしないうちに彼の肝臓と免疫系を破壊し、手の施しようがない状態になってしまった。みんなに言っておきたい。犬を外で遊ばせるときは庭や公園にキノコがないかどうか気をつけてほしい」

 

一度は助けられた命に、二度目の奇跡は起こらなかった。ジョンソンは手を尽くしてくれた獣医への感謝の意と、ブルータスをこれからも変わらずに愛していくことを明言し、投稿を結んでいる。