image

FOX5

故ホイットニー・ヒューストンの娘、ボビー・クリスティーナ・ブラウンがこの世を去ってから3か月余り。彼女が最期の時を迎えたホスピスで働いていた“自称”看護師が逮捕された。容疑は身分証窃盗、偽造、及びなりすましだ。

ジョージア州フォーサイス郡警察に逮捕されたタイウォ・ソバモウォという名の女は、似た名前の女性看護師のふりをして、ボビー・クリスティーナが入院していたピーチツリー・クリスチャン・ホスピスで働いていた。しかしこの女は看護師の資格すら持っていなかった。最近ジョージア州から逃亡していたが、ノースカロライナ州でお縄となった。

ソバモウォがボビー・クリスティーナに接触するために病院に這い込んだのか、また直接彼女のケアに関わったのか否かは現時点では不明だ。

同病院に契約看護師を派遣していた業者は、アトランタのローカルニュースFOX5の取材に対し「彼女のライセンスに問題があったと知り、非常にショックを受けている」とコメントしている。