image

Us Weekly

『(500)日のサマー』や『New Girl/ダサかわ女子と三銃士』で知られる女優のズーイー・デシャネル(35)が、ユダヤ教に改宗したとUs Weekly誌が報じた。

デシャネルの母はカトリック、父はクエーカーの信徒だが、本人は過去のインタビューで、特定の宗教を信じてはいないと明言していた。

「私の家族はリベラルなの。なりたいものになりなさい、と言われて育ってきたわ。そして結局、こうなったわけ」

なぜ今、ユダヤ教徒になる道を選んだのだろうか。それは愛する夫のためだという。今年、デシャネルと結婚した夫の映画プロデューサー、ジェイコブ・ペチェニックはユダヤ人。ユダヤ人と結婚したからといって必ずしもユダヤ教に改宗しなければならないという戒律はないが、デシャネルの夫に対する愛情の深さの表れなのだろう。過日“ラッコ”と名付けられたとお伝えした2人の娘エルジー・オッターはユダヤ人として育てられることになる。

関連タグ: