image

YouTube

赤ちゃんが泣き止まず、困ってしまった経験をお持ちの人は多いだろう。YouTubeに投稿されたある動画が、そんな世界共通の悩みに終止符を打つかも知れない。

カリフォルニア州サンタバーバラの小児科医ロバート・ハミルトン医師が、動画で「The Hold」と命名したテクニックを紹介している。長年に渡って多くの小児患者を診察し、自身も6人の子どもを持つ父親であるハミルトン医師がたどり着いた「赤ちゃんを泣き止ませる方法」。それはわずか4ステップで完了する。

1. 赤ちゃんの腕を胸の前で組ませるようにして片方の手で押さえる。
2. うつぶせの状態になるように注意深く持ち上げる。
3. 逆の手で自然に赤ちゃんの脚が開くようにおしりを支える。
4. 少し前のめりになる姿勢(約45度)で優しく揺らす。

動画では、医師の大きな手で支えられて揺らされるや否や、赤ちゃんはすぐに泣き止んでいる。その落ち着いた表情から察するに、とても快適そうだ。

ハミルトン医師は、持ち上げたときの角度がポイントだと指摘する。直立でも、これ以上頭が下がっても成功しない。首の据わっていない赤ちゃんは、腕を押さえると同時に親指と人差し指で軽く「OK」の形を作り、あごを支えることも重要だ。そして、「赤ちゃんが泣いたときには、まずおむつが汚れていないか、お腹がすいていないかを確かめることが大切ですよ。どちらにも当てはまらなければ、この方法は効果覿面です」ともアドバイス。赤ちゃんが泣く理由がわからないときは、この方法で落ち着かせてみてはいかがだろうか。