image

TMZ

先週末、ゾンビ・ホラー・SFの祭典「ウォーカー・ストーカー・コン」がニューヨークで開催された。TVシリーズ『ウォーキング・デッド』のノーマン・リーダスもファングリーティングに登場し、会場は最高の盛り上がりを見せたが、当のリーダスは不幸なアクシデントに見舞われてしまった。

TMZとPerez Hiltonによると、女性はリーダスと写真を撮る機会に恵まれたことで興奮のあまり自制が効かなくなり、「私、あなたと結婚してるっていろんな人に言いまくってるの!」などとまくし立てた挙げ句、リーダスの胸に噛み付いたという。

警備員により引き離された女性は会場を強制退去。今後、リーダスが出演するイベントはもちろん、ウォーカー・ストーカー・コンにも出入り禁止とされた。

幸い、噛み付かれた箇所は軽傷であったため、リーダスはファングリーティングを続行。女性に対し、起訴もしないという。